若い世代に嬉しい外資系企業のメリット

実力主義や成果主義が基本

外資系企業は若い世代にとってメリットが大きいことが知られています。昔からの伝統を重視している日本企業では年功序列の考えが強く、年配の人ほど重要な仕事に携わる機会が多く、ポジションも高くなり、さらに年収も上がるのが一般的です。若い人は頑張っても評価されずに悩むこともよくありますが、外資系企業では年功序列の考え方があまり強くありません。重要なのは企業にとって大きな貢献をした人を高く評価することと位置付けているのが一般的なのです。若くても活躍すれば成果に見合った評価を受けられるのがやりがいになります。

実力主義や成果主義の考え方が基本になっているのが外資系企業の特徴です。いくら努力している姿を見せても成果が出なければ評価されないのは大変な点でもあります。しかし、大きな結果が出て企業に貢献したことが認められれば入社してまだ数ヶ月という人でも突然管理職に抜擢されることすらあり得るのです。頑張りたいというモチベーションが上がりやすいのは明らかでしょう。若い世代ではまだ体力も気力も充実しているので、多少の無理をしてでも成果を上げようという気持ちが湧く人も大勢います。本気になって頑張る舞台として外資系企業には大きなメリットがあるのです。

キャリアとしても魅力が大きい

若い世代にとって成果主義の外資系企業には将来的に考えてもメリットがあります。将来的には管理職になって稼ぎたい、事業を立ち上げて大きな成功を遂げたい、超一流企業に転職して大きな成果を上げたいなどと考えている人もいるでしょう。そのような昇進や転職、あるいは独立のための仲間探しや資金獲得にはキャリアが必要です。いかにしてキャリアを築き上げていくかは大きな課題になり、やり方を誤ってキャリアアップできずに終わる人もいます。しかし、キャリア構築をする目的でも外資系企業には大きな魅力があるので理解しておきましょう。

外資系企業では成果主義が基本なので、高い評価を受けるためには大きな成果を次々に上げていかなければなりません。成果を上げればポジションも高くなり、年収も上がっていくでしょう。年齢を問わずに評価を受けられるので必死に働いて企業に貢献すれば若くして高年収、高ポジションになることも可能です。職務経歴書の上でも明確にキャリアがある人とわかるようになり、若くて優秀な人材として多くの企業から注目してもらえるようになります。成果を出すという考え方で働いていくと自然にキャリアを構築でき、次のステップにも進みやすくなるのです。