日本企業よりもシビアな点も多い

仕事ができなければ簡単にクビになる!?

外資系企業というのは、良くも悪くも自己責任で合理的かつ効率的に仕事をしていく姿勢が必要になります。外資系企業は成果主義をモットーとしており、仕事は与えられるものではなく、自分で作り出したり手を上げて積極的に獲得していかなければならないものという考えが強いです。もちろん、与えられた仕事だけを忠実にこなしながら仕事をしているフリをすることも可能です。しかし、ただ言われたことだけをやっているだけでは評価につながらず、ある日突然クビを宣告されてしまうなんてことも、外資系企業では珍しいことではありませんよ。 成果主義を採用しているだけあって、やる気のある社員に対してはしっかりと会社側も評価します。その最たるものが高い給与です。仕事での成果が給与に反映されるので、頑張れば頑張るほど昇進するし賞与はアップします。そのため、昇進して偉くなりたいというキャリア志向の強い人や、お金をもっと稼ぎたいという人には外資系は向いています。逆に、与えられた仕事をそつなくこなし、可もなく不可もなく、目立たずに会社でやっていきたいという人には外資系よりも日本企業のほうが向いているでしょう。外資系企業は常に自主性を求められるところだということを肝に銘じておくことです。

求められる、会社に利益をもたらす積極的な姿勢

外資系企業というのは仕事に対してとてもシビアであり、多少のリスクを負ってでも合理性を重視します。日本の会社のように保守的ではないため、合理的であったり効率的な考え方やシステムはすぐに採用され、それが個人に対する評価につながっていきます。常に会社に利益をもたらす積極的な姿勢が、外資系企業では求められるのです。

会社組織は目まぐるしく変化します。いきなり新しい仕事を任せられることもありますが、それに柔軟に対応することができれば、会社への積極的な貢献として評価されます。外資系企業では能力のある人がどんどんと昇進する成果主義が基本です。そのため、年下の上司というのは至極当たり前であり、有能であれば性別を問わず評価されていきます。逆に、変化に対応できずもたもたしている人は評価が低いです。日本企業から外資系企業へ転職する場合、変化の速さに置いていかれないようにすることがとても重要になってくるのです。

さらに、外資系企業では自分のキャリアに対しても積極的な姿勢が不可欠です。外資系企業に終身雇用は期待することはできません。チャンスがあれば、自分をもっと活かす事ができる企業に乗り換えてやろう、という気概が必要です。