英語力は転職に必要なのか?

語学力がいる外資系企業

日本の会社とは違う働き方をする外資系企業は、転職先として人気があります。自分がこのような会社に就職したい場合は、どのような実力がいるか確認しなければいけません。外資系企業には日本人以外の社員もいるため、語学力がないと仕事ができないケースがあります。英語が得意な方ならば問題なく働けますが、そうでない方だと面接などで落とされる場合も多いです。どの程度英語ができる必要があるかは、求人票を見れば詳しい情報が分かります。事前に確認しておけば自分が働ける職場か分かるので、転職活動がやりやすくなります。 国内にある外資系企業へ転職する時に、英語力がいるのには理由があります。外資系企業では英語で書かれた資料を使って、ミーティングなどがよく行われています。もし英語ができない方がこのような会社に就職すると、仕事で使う書類の内容が理解できません。外資系企業では基本的に英語を使って仕事をするため、日常会話も日本語では行いません。そのため高い英語の能力が求められやすく、専門的な知識が必要になります。また日本以外の会社との交渉もよく行われるため、海外のビジネスの習慣についても理解がいります。多くの知識がある方ならば外資系企業に転職しやすく、好条件で働けるケースもあります。

外資系企業に就職する時のポイント

英語ができないと就職しづらい外資系企業ですが、実はそれほど専門知識がない方でも仕事ができるケースがあります。例えば簡単な作業をする仕事ならば、英語の能力が低くても就職できる場合が多いです。働いている人のサポートをする楽な作業ならば、英語が殆どできない方でも行える時があります。英語が苦手な方が外資系企業に就職する場合は、このような働きやすい求人を探す方法があります。簡単な作業なので給料は低めになりますが、専門知識を問われづらいので誰でも仕事ができます。

転職先として外資系企業を選ぶ場合は、どのような手続きがいるか確認しなければいけません。日本企業と基本的な所は変わりませんが、違う所もあるのでよく考えて行う必要があります。外資系企業へ就職する時は履歴書を作りますが、英語で書かなければいけない場合が多いです。海外で使われている履歴書は、日本のものとは違う所もあるので注意がいります。書類の書き方などを理解しておけば、問題なく外資系企業への転職活動ができます。また外資系企業に就職するためには、面接を受けて合格しなければいけません。面接は日本語で行われるケースもありますが、英語で難しい質問を受けるケースもあります。