外資系企業が持つ魅力的なポイント

外資系企業は、日本企業があまり持っていない魅力的なポイントを持っています。特に若い世代には嬉しい長所が光ります。転職を前向きに検討する場合は、外資系企業の持つ強みや独自の企業風土をよくチェックしておきたいところです。

外資系企業は実力主義

上昇志向の強い人は年齢や性別にかかわらず出世しやすい

外資系企業は、一般的な日本国内の企業と比べて実力主義のシステムを採用しているところが多く、上昇志向の強い人は年齢や性別などにかかわらず出世しやすい傾向があります。特に、営業や経理などの仕事上の成果をデータ化しやすい職種については、定期的に基本給や手当などの金額の見直しが行われることもあるため、転職前にしっかりと企業ごとの給料システムを確認することが大切です。また、外資系企業で評価の対象となりやすいポイントについては、日本国内の企業で長く働いていた人にとって把握しにくいこともあります。 そこで、本格的に外資系転職に向けて準備を始める際は、人事担当者や各部署の責任者と相談できるイベントに顔を出したり、外資系転職を成功させた友人や先輩などにアドバイスを受けたりすることも大事です。なお、実力主義の風潮がある外資系企業においては、転職後に思うように成果を残せなかった場合に、前職と比べて大幅に収入が下がったり、リストラの対象者に選ばれたりすることもあります。そうしたリスクを考慮したうえで、自分の力を発揮できる外資系企業を見つけるには、必要に応じて外資系の求人数が多い転職サイトを活用したり、エージェントを頼ったりするのも良いでしょう。

管理職に就くために数年間の海外駐在が条件となる企業も多い

外資系企業に転職をした後に管理職に就くためには、職種によって数年間の海外駐在が条件となることもあるため、志望企業の海外転勤の可能性やキャリアパスについてしっかりと理解することが重要です。たとえば、製薬や金融、ITなどの事業を専門に扱う外資系企業の中には、中途採用者を対象に海外でのキャリアを積ませるために、入社後の語学の研修を導入したり、日ごろから様々な業務を経験できるようにしたりしているところが多くあります。また、実力主義の外資系企業では、海外駐在の対象となる社員を選定する際に、同じ職種の社員同士で厳しい競争が行われることもあるため、絶えず業務に直結するスキルを磨くことが肝心です。 ポテンシャルが高い中途採用者の獲得に熱心な外資系企業においては、求職者を対象にセミナーや説明会を開催したり、現役社員が採用試験や入社後に関する相談に乗ったりしているところが多くあります。そうした中、実力主義の会社で成功を収めるために、早いうちから適職診断をしたり、様々な業界の外資系企業の社員に求められるスキルについて調べたりすることが大切です。その他、外資系企業で一度も働いたことがない人は、転職活動中に日本企業での勤務経験を高く評価してくれる企業を探すことがポイントです。

外資系転職で知っておきたいポイント

外資系企業は即戦力を求める

外資系企業は国内の一般企業と比較して即戦力を求めているところが多く、様々な分野に秀でた人材の獲得を活発に行っています。特に、中途採用試験の際には、実務経験やスキルなどの応募条件を厳しくしたり、英語…

日本企業よりもシビアな点も多い

外資系企業というのは、良くも悪くも自己責任で合理的かつ効率的に仕事をしていく姿勢が必要になります。外資系企業は成果主義をモットーとしており、仕事は与えられるものではなく、自分で作り出したり手を上げ…

英語力は転職に必要なのか?

日本の会社とは違う働き方をする外資系企業は、転職先として人気があります。自分がこのような会社に就職したい場合は、どのような実力がいるか確認しなければいけません。外資系企業には日本人以外の社員もいる…

>

外資系転職で強みになること