外資系企業は即戦力を求める

選考の際に過去の社会経験や保有する資格を上手くアピールしよう

外資系企業は国内の一般企業と比較して即戦力を求めているところが多く、様々な分野に秀でた人材の獲得を活発に行っています。特に、中途採用試験の際には、実務経験やスキルなどの応募条件を厳しくしたり、英語の面接を実施したりしている企業も少なくありません。そうした中、理想的な条件の外資系企業に転職をするには、書類選考の段階から過去の社会経験や保有する資格について上手くアピールをすることが大切です。たとえば、技術系の専門的な実務経験や、難易度が高い資格を持つ人は、選考の際に有利に立てることがあるため、外資系転職を目標としてじっくりと試験対策に臨むことがおすすめです。 多様な人材を求めている外資系企業の中には、外資系転職の希望者の相談を受け付けるため、社内や外部のイベント会場などを利用して転職セミナーを開いたり、オフィス内の案内をしたりしているところもあります。そこで、自分に向いている外資系企業をスムーズに見つけたい時には、こうした機会に積極的に参加をすることが重要です。その他、各地の外資系企業が期待する人材について把握するうえで、時にはビジネスや転職活動に関する専門誌やアプリなどを利用するのも良いでしょう。

若手社員の指導ができる人材は高待遇で受け入れられることがある

外資系企業では、若手社員の指導ができる人材を高待遇で採用しているところが多くあり、中途採用の際に基本給やインセンティブなどの面で優遇しているところが目立ちます。たとえば、民間企業の専門性が高い職種で責任者を務めたことがある人や、海外勤務の経験がある人は、外資系転職の際に採用担当者に好印象を持ってもらうことが可能です。また、社員のキャリアアップに力を入れている外資系企業においては、管理職候補となる人材を外部から集める目的で、年に数回の中途採用試験が行われることもあります。

外資系企業に転職をした後に、収入やキャリアなどの面で不満を感じることなく働きたい場合には、採用面接の際に妥協せずに給料交渉をしたり、採用後の配属先や業務内容について説明を聞いたりすることが肝心です。職種によっては、外資系企業の内定が決まってからすぐに海外勤務を命じられることもあるため、ビジネスシーンで役立つ英会話のスキルを磨いておきましょう。なお、外資系企業の社員として要求される能力や経験については、勤務先の事業内容や部署によっても異なるため、就職をしてからミスマッチに悩まないようにするうえで、求職活動中に慎重に志望企業の特徴を知る必要があります。